ストラッシュ那覇店

 

沖縄の那覇にあるストラッシュのご案内

 

予約の取りやすい脱毛サロンと評判のストラッシュの那覇店は、おもろまち駅あってアクセスも良好!

 

そんなストラッシュ那覇店の地図や営業時間、またキャンペーンの情報などもあわせてご紹介しています。

 

 

ストラッシュ那覇店案内図

 

ストラッシュ那覇店は、おもろまち駅から徒歩5分圏内!!

 

 

お車で行かれる方は、那覇市安里175にある駐車場のストラッシュ那覇店の契約駐車場ナンバー6をご利用下さい。

 

 

 

ストラッシュ那覇店のご紹介

 

ストラッシュ那覇店の店舗情報

 

店舗所在地

沖縄県那覇市おもろまち1-2-17 アイワプラザ101

最寄り駅

沖縄都市モノレールゆいレールおもろまち駅

営業時間 11:00-21:00
脱毛料金

全身脱毛61箇所

  1. 月額制:月額7,980円
  2. パックプラン:95,760円
  3. 都度払い:21,980円

部分脱毛

  1. Sパーツ12回:32,010円
  2. Lパーツ18回:93,030円
割引プラン
  1. 乗り換えプラン:最大6万円OFF
  2. 学割プラン:最大6万円OFF
  3. 複数で申し込み:最大138,000円OFF
予約

無料カウンセリングは、公式ページからお申し込みいただけます。
>>ストラッシュ公式ページ

※表示価格は税抜き価格です。

 

 

 

脱毛トピック

 

脱毛についてのアレコレ豆知識!

 

自宅で手軽に処理できる!Vゾーンのお手入れ方法
水着に着替えた時や、急にお泊りをすることになった時、Vゾーンのムダ毛が気になったことはありませんか?

 

今から脱毛に通っても間に合わない…、濃いムダ毛が目立って恥ずかしい…、そんな時におすすめの自宅で手軽に出来るセルフケアをご紹介します。

 

用意するもの

  1. 電動シェーバー(フェイスライン用の細いIタイプがおすすめ、またはIライン専用)
  2. 保湿用の化粧水または、ボディジェル
  3. 保冷剤
  4. 理想のVラインの範囲がわかるもの (Vラインの型紙や、ショーツなど)

 

事前準備

 

ストラッシュ那覇店

 

湯船や、シャワーを浴びて体を清潔にし、除毛したい部分の肌を柔らかい状態にします。

  1. 除毛したい部分の範囲を決めます。

    ショーツや、Vラインの型紙など目安に印をつけてみましょう。左右対称に、逆三角形や卵型のように輪郭をイメージすると作りやすくなります。

  2. 範囲が決まったら、シェーバーを当てる前に毛が湿っていないか確認します。

    湿り気があると毛が横に寝てしまい、黒いポツポツした剃り残しの原因になることも。乾いたタオルで水分をふき取りましょう。

  3. 電気シェーバーで毛の流れに沿って、形を整えていきます。

    凹凸が多い部分は、何度も皮膚を擦ったり、シェーバーをひっかけないように気を付けましょう。

  4. 除毛した部分を保冷剤で、軽く冷やします。

    冷えた後は、顔用の化粧水や油分の少ないボディジェルで保湿することが大切です。

 

ストラッシュ那覇店

 

Vラインは下着と擦れやすく刺激を受けやすいデリケートな部分です。

 

焦ってカミソリを使うと痛みを伴うばかりか、赤みや出血などの肌トラブルになることもあります。

 

セルフケアは応急処置程度に留め、時間に余裕がある時にしっかりとプロの手で脱毛のお手入れをしておくのがお勧めです。

 

 

那覇界隈

 

那覇お立ち寄りスポット

 

ストラッシュ那覇店のある、那覇界隈のお立ち寄りスポットのご紹介です。ストラッシュでの脱毛の行き帰りに、ちょっと立ち寄ってみてはいかがでしょう♪

 

沖縄都市モノレール「ゆいレール」

沖縄での移動手段といえば自動車かバスでしたが、2003年8月に沖縄都市モノレール「ゆいレール」が、誕生しました。

 

那覇空港のある那覇市内を運行する「ゆいレール」は、那覇空港から首里までを27分で運行しています。

 

ストラッシュ那覇店

 

那覇市内は交通渋滞がしばしば起こることで有名で、バスやタクシー、さらに慣れない土地で運転しているレンタカーなどで混雑しています。

 

その混雑緩和にもなっている「ゆいレール」は、地上8メートル〜20メートルと高架を運行しているため、窓からはゆったりと沖縄を感じることができます。

 

観光スポットも点在しているので、「フリー乗車券」でお得に回ることをおすすめします。

 

1日と2日の「フリー乗車券」が販売されており、それぞれの期間乗り降りがフリーとなるもので、提示すれば、観光施設や飲食店の割引サービスを受けることができます。

 

沖縄初のIC乗車券「OKICA」が誕生しバスと連携されたり、浦添まで延長して駅が4つも増えたりと、まだまだ活躍しそうな「ゆいレール」です。

 

所在地:沖縄県那覇市

 

守礼門(しゅれいもん)

二千円札の図柄になったことで注目を浴びた「守礼門(しゅれいもん)」。

 

守礼門のへんがく(中央にある看板みたいなもの)には、「守礼之邦(しゅれいのくに)」と書かれていますが、これは「琉球は礼節を重んずる国である」ということだそうです。

 

また、首里城にあるたくさんの城門や建築物に「愛称」が付けられていますが、「守礼門(しゅれいもん)」は「上の綾門(いいのあやじょう)」と呼ばれていたようです。

 

これは、全体的にバランスよくエレガントな様子を表しているそうで、「上の方にある美しい門」という意味なのだとか。

 

そのため、首里城に来る観光客が、必ずといっていいほど記念撮影する観光スポットになっています。

 

所在地:沖縄県那覇市首里真和志町

 

首里城

中国と日本の建築様式を取り入れ、独自の琉球建築で作られているのは「首里城」です。

 

コントラストが美しい赤瓦の正殿は、「琉球王国の城」ならではの特徴といわれています。

 

しかし、御内原(おうちばる)で黒塗りの瓦が発掘されたそうで、新しい発見があるかもしれません。

 

「首里城」は丘の上に建てられていて、多くの広場や施設などと共に、直線ではなく曲線の城壁で囲まれています。

 

ストラッシュ那覇店

 

また、国王と家族の住居である「王宮」の役割のほかに、「首里王府」といわれる王国統治の行政機関の本部としても使われていたとか。

 

世界遺産に登録されてから国内外からの観光客も増え、レストランやカフェ、お土産物ショップなどが充実し、土地ならではの飲食物や、オリジナル商品も数多くあります。

 

所在地:沖縄県那覇市首里

 

国際通り

「国際通り」とは、沖縄県庁から安里三差路にかけての約1.6kmをいい、那覇市のメインストリートとなっている通りです。

 

通りの左右には様々なショップが並んでいますが、観光客が多いせいか、お土産物を売る店が約70%を占めているそうです。

 

ストラッシュ那覇店

 

沖縄観光でのお土産探しには外せないスポットとなっている「国際通り」ですが、「牧志公設市場」などにある沖縄ならではの食材に、面白い発見があるかもしれません。

 

また、おなじみのコンビニやスーパーもありますが、品ぞろえの違いに思わず、へ〜っといってしまうかも。

 

「国際通り」の範囲はそれほど広範囲ではありませんから、沖縄のゆったりした時間の中で、のんびり沖縄を感じながらの散歩もいいですね。

 

所在地:沖縄県那覇市松尾牧志周辺

 

 

↓詳細・お申し込みはコチラから↓

 

TOPページに戻る>>ストラッシュ大宮西店の紹介